UNISECアカデミー光学観測機器の開発と運用

2021-07-21

〇注意事項

  1. 申し込み人数が10名(UNISEC正会員相当)未満の場合、講義を取りやめる場合があります。
  2. 事務局にて、後日の配信を目的として講義を録画・録音致します。講師による授業時間中に質問等の発言をされた場合、ご発言も録画・録音されますことをご了承ください。なお、リアルタイムでの講義時には、30分間の質疑応答時間があるます。この質疑応答時間は配信されません。ご自身の発言の配信を希望されない方はその時間帯でのご発言をお願い致します。
  3. 事前に申し込み及び受講費の支払いをされた受講者のみが、Zoomを用いて受講してください。(申し込み1件での複数受講者の受講は不可とします。)
  4. Zoomにて参加する際は、申し込みした氏名と所属(「氏名(所属)」)もしくは、申し込み時に登録した「Zoom表示名」を入力ください。確認できない場合は、通信遮断をしますので注意ください。 *
  5. 本講座を許可なく録画・録音・撮影しないで下さい。
  6. 講座の実施中は、講師あるいは事務局の指示がある場合を除き、受講者のマイクとカメラはオフとして下さい。
  7. 反社会的勢力並びにその関係者の方の受講はお断りします。
  8. 上記の注意事項が守られていない場合、受講料の返金無しで通信遮断・退出頂く場合があることをご了承下さい。

〇受講費用

1回の講義あたり以下の価格です。リアルタイムの受講及び授業の1週間の見逃し配信が可能です。

  • 学生の方:(税込み)¥11,000
  • UNISEC個人会員(同時入会可)の方:(税込み)¥22,000
  • UNISEC法人会員 (同時入会可)の方:(税込み)¥22,000 (会員区分により、以下のように適用人数が異なりますのでご注意ください。)
    • シルバー会員様:一講座4人まで。5人目からは「一般の方」の料金となります。
    • ゴールド会員様:一講座9人まで。10人目からは「一般の方」の料金となります。
    • プラチナ会員様:一講座14人まで。15人目からは「一般の方」の料金となります。
    • ダイアモンド会員様:人数制限なし
  • 一般の方:(税込み)¥55,000

〇登録フォーム

〇講義内容

講義番号 016 日時 2021年9月25日(土)13:30~17:30
講義名 光学観測機器の開発と運用
講師/所属 栗原 純一 / 北海道大学
講義概要又は目的 超小型衛星搭載用光学観測機器の種類や特徴、世界的な動向について紹介した後、光学観測機器の設計・製造および試験に必要となる基礎知識や技術を解説し、さらに衛星運用やデータ処理、軌道上での校正などについても紹介する。
講義内容
  1. 1章 光学観測装置の基礎知識
    • 光の波長と検出器
    • 光学観測装置の種類と特徴
  2. 2章 衛星光学観測の動向
    • 光学観測を用いた超小型衛星ミッションとビジネス
    • 衛星リモートセンシング法への対応
  3. 3章 光学観測装置の設計・製造
    • ミッションの定義と要求仕様の策定
    • 光学系の設計・製造の方針
  4. 4章 光学観測装置の試験と制御
    • 各種試験の目的と方法
    • データ処理装置と通信装置
  5. 5章 衛星運用とデータ処理
    • 初期運用から定常運用までの計画
    • 各種データ処理と処理レベル
  6. 6章 軌道上校正とデータ利用
    • 軌道上校正の手法と実例
    • 観測データの管理と利用
講義に関する特記事項
(準備事項等)
特記事項なし
講師略歴

JAXA 宇宙科学研究本部・プロジェクト研究員、名古屋大学太陽地球環境研究所・学振 PD を経て、2010年より北海道大学にて超小型衛星搭載用光学観測機器の開発に従事。