カテゴリ

最近の投稿

ARLISS

15.09.20 ARLISS 2015

2015年に行われたARLISSは17回目の開催となりました。
ARLISS2015には33チーム(韓国から4チーム、アメリカチームは8チーム、エジプトから2チーム、ペルーから2チーム、日本から17チーム)が参加しました。 大会は9月13日~18日の期間にAeroPac協力のもと、アメリカ合衆国ネバダ州ブラックロック砂漠にて以下のスケジュールで開催しました。

日程内容
9月13日(日)前日準備
9月14日(月)~17日(木)開会式・競技日
9月18日(金)朝食ミーティング

今年度のARLISSでは(1)カムバックコンペティション、(2)ミッションコンペティションの2つのコンペが開催されました。 カムバックコンペティションではゴールにどこまで近づけるかを競うAccuracy Awardに加え、CanSatの持つ技術を評価するTechnology Award を新たに定めました。 またミッションコンペティションでは参加者投票型のBest Mission Award、全体をUNISEC Awardの対象とし、計4部門を定めました。

9月13日 【事前打ち合わせ・技術交流会】

ARLISS参加のチームが正午にロケット発射地点の最寄りの町GerlachのBruno’s Country Clubの会議室で安全管理に関する注意喚起と技術交流会を行いました。
各団体は自己紹介をした後,英語で自団体のCanSatの紹介を行いました。 発表後には自由にCanSatの技術に関してディスカッションを行い、大変有意義な交流会となりました。
技術交流会終了後には全団体で射点へ移動しました。 射点へ到着した後、参加団体全員でテント設営を行いました。 テントの設営終了後、ゴール地点を確認するため、カムバックコンペティションの参加団体とゴールポイントの設置及びGPSの取得をおこないました。

9月14日~9月16日 【開会式・競技】

14日の午前8時に射点に集合し、開会式を開催しました。 開会式ではAeroPac代表のKenさんより開会のご挨拶と諸注意に関する連絡をいただきました。

テントでの様子 ロケットと記念撮影
走行するCanSat 記念撮影
競技の様子 競技の様子
ロケットと記念撮影 競技の様子

9月18日 【朝食ミーティング】

競技日最終日の翌日の9月18日、各参加チームが大会の成果を報告しました。 ミッションコンペティションにおいては発表と同時に優れたミッションに対しての投票を行い、順位を決定しました。

表彰の様子 表彰の様子
表彰の様子 集合写真