UNISECアカデミー衛星搭載計算機のハードウエア・ソフトウエア開発

2021-07-21

〇以下のような方々にお勧めします

  • 「宇宙工学」に関心のある大学生・院生及び社会人
  • 衛星実機開発・利用に携わる、あるいは携わりたいと考える学生・院生及び社会人
  • 異業種/異分野から宇宙業界に参加したい/参加したエンジニア
  • 宇宙業界へのコンポーネント・部品・材料等のサプライチェーン構築や製造販売を目指す企業の方
  • 超小型衛星によるビジネスや投資を検討されている方

〇注意事項

  1. 申し込み人数が10名(UNISEC正会員相当)未満の場合、講義を取りやめる場合があります。
  2. 事務局にて、後日の配信を目的として講義を録画・録音致します。講師による授業時間中に質問等の発言をされた場合、ご発言も録画・録音されますことをご了承ください。なお、リアルタイムでの講義時には、30分間の質疑応答時間があるます。この質疑応答時間は配信されません。ご自身の発言の配信を希望されない方はその時間帯でのご発言をお願い致します。
  3. 事前に申し込み及び受講費の支払いをされた受講者のみが、Zoomを用いて受講してください。(申し込み1件での複数受講者の受講は不可とします。)
  4. Zoomにて参加する際は、申し込みした氏名と所属(「氏名(所属)」)もしくは、申し込み時に登録した「Zoom表示名」を入力ください。確認できない場合は、通信遮断をしますので注意ください。 *
  5. 本講座を許可なく録画・録音・撮影しないで下さい。
  6. 講座の実施中は、講師あるいは事務局の指示がある場合を除き、受講者のマイクとカメラはオフとして下さい。
  7. 反社会的勢力並びにその関係者の方の受講はお断りします。
  8. 上記の注意事項が守られていない場合、受講料の返金無しで通信遮断・退出頂く場合があることをご了承下さい。

〇受講費用

1回の講義あたり以下の価格です。リアルタイムの受講及び授業の1週間の見逃し配信が可能です。

  • 学生の方:(税込み)¥11,000
  • UNISEC個人会員(同時入会可)の方:(税込み)¥22,000
  • UNISEC法人会員 (同時入会可)の方:(税込み)¥22,000 (会員区分により、以下のように適用人数が異なりますのでご注意ください。)
    • シルバー会員様:一講座4人まで。5人目からは「一般の方」の料金となります。
    • ゴールド会員様:一講座9人まで。10人目からは「一般の方」の料金となります。
    • プラチナ会員様:一講座14人まで。15人目からは「一般の方」の料金となります。
    • ダイアモンド会員様:人数制限なし
  • 一般の方:(税込み)¥55,000

〇登録フォーム

〇講義内容

講義番号 021 日時 2021年10月30日(土)13:30~17:30
講義名 衛星搭載計算機のハードウエア・ソフトウエア開発
講師/所属 木村真一/東京理科大学・教授
講義概要又は目的 ミッションが多様になり、衛星の構成や機能が複雑になるに従って、搭載計算機への要求が急速に高まりつつある。 搭載計算機は衛星機能及び信頼性の根幹に影響を与える機器でありながら、開発・運営上要求から、柔軟な対応を求められる機器でもある。 搭載計算機はハードウエア・ソフトウエア両面の性格を持ち、その開発にあたっては、両面についての理解が非常に重要になる。 本講義では搭載計算機の開発について、ハードウエア・ソフトウエア両面から検討する。
講義内容
  1. 衛星搭載計算機の役割と機能
  2. <li<衛星搭載計算機と衛星システムアーキテクチャ
  3. 衛星搭載計算機のハードウエア設計
    1. インターフェース構成と計算機アーキテクチャ
    2. 性能要求の整理と仕様化
    3. ハードウエア実装について
  4. 衛星搭載計算機のソフトウエア開発
    1. ソフトウエアのシステム設計
    2. ソフトウエアの基本構成
    3. ソフトウエアの評価と信頼性向上の試み
  5. 衛星搭載計算機の環境適合性評価と対策
    1. 放射線の影響と評価
    2. 放射線影響への対策
    3. 熱真空環境の影響と評価
    4. 熱真空環境への適応
講義に関する特記事項
(準備事項等)
特になし
講師略歴

1993 年 東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了、博士(薬学)。 郵政省通信総合研究所(現 独立行政法人情報通信研究機構)をへて、2007年から東京理科大学に勤務。 宇宙ゴミの除去を実現する技術の研究に従事し、技術試験衛星VII型やManipulator Flight Demonstration、マイクロラブサット1号機などの多くの宇宙ロボット・小型衛星ミッションに参加するとともに、「IKAROS」や「はやぶさ 2」の監視カメラシステムなど様々な宇宙機器を開発。 東京理科大学スペースシステム創造研究センター・センター長。