UNISECアカデミー衛星のシステム技術 ~宇宙で生き続ける衛星を作るために~

2021-07-21

〇注意事項

  1. 申し込み人数が10名(UNISEC正会員相当)未満の場合、講義を取りやめる場合があります。
  2. 事務局にて、後日の配信を目的として講義を録画・録音致します。講師による授業時間中に質問等の発言をされた場合、ご発言も録画・録音されますことをご了承ください。なお、リアルタイムでの講義時には、30分間の質疑応答時間があるます。この質疑応答時間は配信されません。ご自身の発言の配信を希望されない方はその時間帯でのご発言をお願い致します。
  3. 事前に申し込み及び受講費の支払いをされた受講者のみが、Zoomを用いて受講してください。(申し込み1件での複数受講者の受講は不可とします。)
  4. Zoomにて参加する際は、申し込みした氏名と所属(「氏名(所属)」)もしくは、申し込み時に登録した「Zoom表示名」を入力ください。確認できない場合は、通信遮断をしますので注意ください。 *
  5. 本講座を許可なく録画・録音・撮影しないで下さい。
  6. 講座の実施中は、講師あるいは事務局の指示がある場合を除き、受講者のマイクとカメラはオフとして下さい。
  7. 反社会的勢力並びにその関係者の方の受講はお断りします。
  8. 上記の注意事項が守られていない場合、受講料の返金無しで通信遮断・退出頂く場合があることをご了承下さい。

〇受講費用

1回の講義あたり以下の価格です。リアルタイムの受講及び授業の1週間の見逃し配信が可能です。

  • 学生の方:(税込み)¥11,000
  • UNISEC個人会員(同時入会可)の方:(税込み)¥22,000
  • UNISEC法人会員 (同時入会可)の方:(税込み)¥22,000 (会員区分により、以下のように適用人数が異なりますのでご注意ください。)
    • シルバー会員様:一講座4人まで。5人目からは「一般の方」の料金となります。
    • ゴールド会員様:一講座9人まで。10人目からは「一般の方」の料金となります。
    • プラチナ会員様:一講座14人まで。15人目からは「一般の方」の料金となります。
    • ダイアモンド会員様:人数制限なし
  • 一般の方:(税込み)¥55,000

〇登録フォーム

〇講義内容

講義番号 020 日時 2021年10月23日(土)13:30~17:30
講義名 衛星のシステム技術
~宇宙で生き続ける衛星を作るために~
講師/所属 中須賀 真一 / 東京大学大学院 工学系研究科
講義概要又は目的 宇宙空間という過酷な環境で人の手を離れて長期にわたりミッションを実行しないといけない衛星において「生き続ける」技術は極めて重要である。それをより確実にするシステム技術について解説する。
講義内容
  1. イントロダクション: 東京大学の衛星開発の歴史の紹介
  2. 衛星が生き続けるのはなぜ難しいのか
  3. サバイバビリティを向上させる手法
    1. 衛星設計によるアプローチ
    2. 開発プロセスによるアプリ―チ
    3. 運用によるアプローチ
    4. その他
  4. 軌道上で起こった実際の故障と対処の実例
  5. まとめ
講義に関する特記事項
(準備事項等)
講義の内容(特に話す順番)は少し変わる可能性あり。
講師略歴

1988年東京大学博士課程修了、工学博士。同年、日本アイ・ビー・エム、1990年より東京大学講師、助教授を経て、2004年より航空宇宙工学専攻教授。UNISEC元理事長、UNISEC-GLOBALは設立時より委員長。超小型人工衛星、宇宙システムの知能化・自律化、革新的宇宙システム、宇宙機の航法誘導制御等に関する研究・教育に従事。世界初の CubeSatを含む超小型衛星13機の開発・打ち上げに成功。政府の宇宙政策委員会委員。