2020年度 学生代表(所信表明)


松嶋 龍文

松嶋 龍文 さん

所属:室蘭工業大学

1:学生代表を希望する理由

私はARLISSの出場を目標とし、Cansatの開発を行ってきました。 その中でUNISECという枠組みには大きな恩恵を受けました。 ARLISSは元々UNISECが運営する大会ではありましたが、そのような大会運営の他にも、UNISECという枠組みを利用し、様々な大学の団体や、教員の方々にアドバイスをいただきました。 北海道というある意味閉鎖された土地にいる私にとって、そのような繋がりはとても得難いものでした。 UNISECでの技術面やマネジメント面だけでなく一人の人間として大きく成長させていただいたと思っています。 そのような恩を返すためにも私が誰かの役に立てればと思い、UNISON代表を希望させていただきました。

2:学生理事になって実現したいこと

(1)Cansatのメジャー化
昨今、JAXAや宇宙開発に関わる民間企業の活躍で日本全体を通して宇宙開発に注目が集まりつつあります。 しかしながら、宇宙開発の花形ともいえるロケットに比べ、人工衛星の注目度はあまり大きいとは言えません。 更に、人工衛星の模擬実験機であるCansatに至っては「なにそれ、聞いたこともない」というレベルです。 Cansat開発はそれ自体に関わる人にとってはとても意義深いものと言えます。 しかしながら、どれだけすごいものを開発してもそれが認知されず、小さな枠組みの中で話が終わってしまっているのが現状です。 私は、この現状をとても勿体無いことだと考えています。 成果が多くの人に認められると、開発に必要な資金を集めやすくなります。 また、自分自身のモチベーションがに繋がったり、新たにCansatを開発したいという人間を増やせたり、就職活動に有利になったり、様々な恩恵があります。 それゆえ、Cansatというコンテンツをよりメジャーなものにし、開発を行う人が多くの恩恵を得られるようにしていきたいです。
(2)大学間の繋がり強化
UNISECという大学間、団体間の繋がりをより密なものにしたいと考えています。 現状のUNISEC総会やワークショップでは交流の時間があまり多いとは言えません。 そのため、せっかくUNISECという枠組みがあっても、なかなか横の繋がりが増えないのが現状です。 これの改善のため、各団体が合同で行う技術開発合宿など、全国各地の団体が集まり、技術力やマネジメント能力の共有できるだけでなく、より親睦を深めることができるような新しいイベント企画したいと考えています。

3:自己アピール

私には、やりたいことの実現のために他者を巻き込み引っ張っていく力があると思います。
私は一からメンバーを集めて学生だけでARLISSに参加したり、能代宇宙イベントのCansat代表をやったり、ASTROSCALE-UNISEC賞を開設したりなどそれなりに多くの活動を行ってきました。 しかし、自分の力だけで何かを成し遂げたことは一つもありません。 人一人の力には限界があり、自分は何ができて何ができないのかを考え、いろんな人たちの力を借りて目的を達成して来ました。 UNISECの活動においてもその力を発揮し、多くの人を巻き込んでUNISECを盛り上げていきたいと思います。